空室率を減らすマンション大規模修繕工事|迅速な原状復帰工事

信頼できる会社に任せる

女の人

マンションやアパートなどの建物は、中古で購入した場合、劣化部位の補修や設備の取り替えを行なう必要があります。劣化がある場所を放置すれば、建物の見た目の印象が悪くなるだけでなく、建物全体の耐久性を損ねる恐れがあるため、必ず劣化がある部位は補修しなければなりません。また、設備の取り替えを行なうことで、部屋が利用しやすくなります。物件の魅力が上がるため、部屋を借りる店子を増やすことができるでしょう。劣化の補修や設備の取り替えをする場合、管理組合が建物を建てた建設会社へ依頼を行ないます。しかし、建設会社の中には高額な費用を請求する会社や、いい加減な補修する会社もあるので、建物を建てた会社に任せればよいとは限らないのです。設計管理方式で信頼できる会社に依頼をすることで、安くしっかりした補修工事を行なってくれます。

設計管理方式とは、建物の施工会社とは別の会社が、建物の調査や補修を行なう方式です。建物を建てた会社が補修などを行なうことを責任施工方式と呼びますが、この方式では第三者の目が入りづらいので、悪質な施工をされる恐れがあります。設計管理方式ならば、オーナーが信頼できる施工会社を選べるので、悪質な補修をされることや、高すぎる費用を請求されることはありません。マンションやアパートの大規模修繕を行なうなら、管理組合としっかり話し合い、設計管理方式でよりよい施工会社に依頼しましょう。

施工を行なう会社は、ネットなどを参考にすることで調べることができます。ネットで施工の見積を依頼し、予算内で最適な施工をしてくれる会社を探しましょう。